謹 賀 新 年


新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

  平成21年鳥取市消防団消防出初め式   

1月11日鳥取県内最大の鳥取市消防団消防出初め式
新春恒例の「鳥取市消防団消防出初め式」が、平成21年1月11日、総参加車両31台、消防団員並びに消防士及びその関係者、総勢1,200名が一同に会し鳥取西高グラウンド・お堀端を会場に盛大に開催された。今年の出初め式には、昨年大きな期待のもとに誕生した「女性分団」14名の女性団員も加わって式典に花を添えた。前日は、今年初の大雪警報が発表され、屋外での式典も危ぶまれたが、当日は団員達の強い思いが通じたのか打って変わっての快晴となった。

 
消防出初め式の花形、「はしご乗り」。会場の鳥取城跡お堀端は、市民誰からも愛される昔ながらの情緒が残る名所だが、昨日からの降雪でさらに美しい雪景色となった。そんな中で行われた消防団伝統の「はしご乗り」は、参加団員並びに消防士一人々の無火災への誓いを新たにさせていた。   Net Nihonkai

    
「はしご乗り」の後には、古式ポンプ操法(手押しポンプ)も披露された。最後に「鳥取市消防団消防出初め式」の締めくくりとして、参加消防全車両による一斉放水が行われた。快晴の中での一斉放水は、その雪景色、青空を背景に美しい虹のアーチをつくり出し、見学の一般市民を魅了させた。
我々は地域防災の要とならなければならない!(分団長訓示)  表彰伝達。「おめでとう!」分団長より代読授与  「敬礼!」 団長表彰を受けた団員たち
「鳥取市消防団消防出初め式」終了後、地元豊実体育館にて「豊実消防団出初め式」を行った。今年は4名(清水、民谷、福田、小川各団員)がその活動功績を評価され、「鳥取市消防団長表彰功績章」を分団長より代読授与された。残念ながら積雪のため、屋内での出初め式となり、一斉放水も中止されたが団員の思いは唯一つ。地域の無火災・無災害であった。
  平成20年鳥取市消防団消防出初め式
           

平成20年鳥取市消防団恒例の消防出初め式が、1月13日(日)鳥取城お堀端・鳥取西高グラウンドを会場に午前9時より開催された。式典の後、「はしごのり」「古式手押しポンプ操法」等の特別演技が披露され、その後、鳥取県内では最大規模の参加人員1,232名、参加車両33台による一斉放水が行われた。この日参加した消防士並びに消防団員は、今年1年の無災害・無火災を願い水のアーチにその思いを込めていた。




豊実消防団トップページ

inserted by FC2 system